株式会社ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)

OPAQUE.CLIP

お客様も、自分も楽しまなくっちゃ意味がない。

OPAQUE.CLIP ストアスーパーバイザー 清水 亜紀子 2011年入社

「あ!あれかわいい!」が、うまれるお店。

以前は、百貨店で販売員をしていました。そのとき担当していたのは、一つのブランド、一つのカテゴリーに限定された服。だから、「OPAQUE.CLIP」の店舗は、すごく新鮮でした。ブランドの数も、カテゴリーの数もたくさんある。いろんな組み合わせができるから、お客様への提案の幅も広がる。ストアって、なんて楽しいんだろうと。そのストアならではの楽しさを伝えていくために、いま私が力を入れているのはお店のレイアウトです。

毎日の通勤着から、週末のデートの服、パーティー用の服まで、扱っている服はバリエーションに富んでいます。とびきりのおしゃれをしたいときも、友だちとワイワイ遊びたいときも、うちのお店を選んでもらいたいから。お店の前を通る幅広い年代の人、どんなジャンルが好きな人にも「あ!あれかわいい!」と足を止めてもらえるように、1ヵ月分のコーディネートを提案するくらいの気持ちで、商品をディスプレイしています。

誰よりも楽しんでいるのは、この私。

来客数が多い分、一人のお客様に応対できる時間は、前職よりもどうしても短くなってしまう。はじめは、そのことに不甲斐なさを感じていました。本当はもっとお客様と一緒に悩んで、より良いコーディネートをご提案したいのに。でも、私ができない分は、お店に代わりに伝えてもらえばいいんだ、とある時気がついたんです。何と何をあわせたらかわいいか、一目見て分かる売り場が理想。お客様自ら服を手にとり、コーディネートを楽しめるお店をめざしています。

売上の管理や本部とのやりとりなど、店長業務を行う傍らの接客は、短時間での勝負になります。限られた時間の中で、どうすればお客様に笑顔になってもらえるだろう。と、あれこれ考えるのもまた楽しい。ずっとパソコンに向き合っていた日は、やっと接客できる嬉しさのあまり、いつにもましてハイテンションになったりして(笑)。お客様と盛り上がりすぎて、大笑いすることもよくあります。楽しくなければ意味がない、というのが私のモットー。このお店で、いちばん楽しんでしまっているのは他でもない、この私かもしれません。

あなたにとって、ファッションとは?

毎日に楽しみを与えてくれるもの

BACK

© WORLD STORE PARTNERS Co.,Ltd.