株式会社ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)

anatelier

服が大好きだった。あの頃の気持ちは、
これからのあなたにつながっていく。

anatelier 店長 村上 実穂 2006年入社

お客様の個性は、さまざま。お洋服の可能性は、無限。

小さな頃から、お洋服が大好きでした。学校に行く前に「今日は何を着よう」と考えるのが楽しくて。クローゼットから洋服を引っ張り出しては「ああでもないこうでもない」と気づけば3時間。部屋はぐちゃぐちゃ(笑)。同じ服でも、着方や組み合わせで印象が変わりますよね。そのちがいを試しながら、鏡の中に新しい自分を見つけるのが、とっても楽しかったんです。

初めて私のファンになってくださったお客様も、着こなしのアドバイスがきっかけでした。「これ、かわいすぎるかな」とボウタイのブラウスを眺めていた女性。キレイめのお洋服をお召しだったので「ボタンをひとつ開けてリボンの位置を下げると、甘さが控えめになりますよ」とお話したら、とっても感激していただけたのです。お客様の個性や好みは、さまざま。私たちの仕事は、その個性を引き出せす着こなしを見つけてさしあげること。だからいつも「どんな方なのかな」と想像を巡らせて、一人ひとりに寄り添ったご提案をこころがけています。

接客もマネージメントも、いいところから見つめる。

一人ひとりの個性を光らせたい気持ちは、お客様だけでなく、メンバーに対しても同じです。たとえば一年目のメンバー達に何かリーダーをお願いするようにしています。笑顔リーダーやストックリーダー、お掃除リーダー。それも私が決めるのではなく、やりたいことを選んでもらうんです。すると、自分の強みが伸ばせたり、逆に苦手分野のリーダーをして強化しようという子がいたり。資料作りが得意な子は、リーダーの割り振りやチームの目標などの資料をつくって、バックヤードに貼り出してくれています。やらされてないから、自分で考えてどんどん進める。すごいんですよ、うちの子たち。

そんなふうに仕事をしていたら「あなたの接客、親御さんにとても愛された人の接客ね」と言われたことがありました。思えば両親は、いつも私のいいところを見つめて、伸ばそうとしてくれた。私が人と違うことが好きなところも褒めてもらえたから、ファッションの仕事にも就けたんだと思います。自分の個性を活かせる幸せを、お洋服を通してお客様に、仕事を通してメンバーにも感じてもらえたら・・・。それが私のスタンスの原点であり、目標でもあるのかなと思っています。

あなたにとって、ファッションとは?

自信を与えてくれるもの。

BACK

© WORLD STORE PARTNERS Co.,Ltd.